薄毛に有効な育毛シャンプーに含まれる成分とは

薄毛や抜け毛、フケ、炎症の予防に効果があると言われる育毛シャンプーにはどのような成分が含まれているのでしょうか。育毛シャンプーは、地肌をきれいにすることによって、髪の毛が育ちやすい頭皮環境を整えるのが主な目的であるため、育毛剤のような発毛を促進する成分は含まれていないかというとそうではなく、多少の育毛促進成分が含まれています。例えば、アミノ酸や海藻エキス、ミノキシジルやフイナステリドなどの育毛成分です。特に男性用のものは女性用に比べて、育毛の働きを促進するための成分が多く含まれています。一方で、女性向けの育毛シャンプーには、それに加えて天然ヤシの成分や植物性ブラセンタなどの保湿成分が多く含まれており、頭皮の皮脂の分泌を抑制する効果があります。女性の場合は、肌が乾燥することによって、薄毛や切れ毛になってしまう人が多いからです。

薄毛に悩む人はシャンプーから考えよう

日本人の清潔志向が高まった20数年前から、薄毛に悩む人はかなり増えたと聞きます。それはなぜでしょうか。清潔にこだわりすぎると洗いすぎてしまうからです。30年前の日本人は毎日髪を洗うものではありませんでした。週に2、3回の人がほとんででしたのに、今では夏でも冬でも毎日洗髪をします。香料など添加物が多くて油分を激しく吸い取るシャンプーをすると、頭皮はカサカサになります。古い油分がいつまでも頭皮にある場合は、不衛生ですし酸化するので頭皮にダメージを与えます。しかし、常に油分不足ですと、頭皮は傷みやすくなり栄養も足りない状態になります。洗いすぎや、強いシャンプーでの洗髪はこの状態を作り、薄毛や白髪の原因となります。洗いすぎに気をつけ、新鮮な油分を少し加えてお手入れすることをお勧めします。シャンプーの選び方も重要で、なるべく添加物少なく、洗浄作用が強すぎないものを使うといいでしょう。

薄毛対策のシャンプーは石鹸素材とアミノ酸

石鹸は体を洗う、衣服を洗濯するなどとして広く使われています。手を洗う時にも使うことが多いです。しかし頭を洗う時に石鹸を使う事はあまり聞かされていません。専用の洗浄液が出されているので通常はそちらを利用します。スキンヘッドの人など髪の毛が短い人などは体と一緒に頭も石鹸で洗うことがあるようですが、普通に髪の毛がある状態の場合は石鹸を使うことが少なくなります。薄毛対策として利用するシャンプーは、肌に優しいタイプのアミノ酸系が良いといわれます。しかしこのタイプはあまり洗浄力がないとされています。洗浄力を加えたい場合には石鹸素材を加えたものを使います。石鹸素材を利用したものは比較的多く出回っています。洗った後は少しぎしぎしした感じになるのでクエン酸の入ったリンスなどで中和するようにするとぎしぎし感を減らせるようになります。

当社は発毛、育毛を永年に渡って研究している専門会社です。 頭皮と血管から運ばれる酵素と栄養素は自然な発毛に不可欠です。 髪は本来、生涯なくなるものではありません。 赤く腫れ上がった頭皮を有効成分でしっかりケア。男性も女性も安心してご利用いただけます。 全国で育毛実験を行い、多くの被験者から発毛を実感した声を頂いております。 ハリ・コシ・ツヤを取り戻すシャンプー。洗髪はたったの30秒。 薄毛を治すためのシャンプーはこちら。